規格住宅のイメージ

規格住宅といえば、すべて規格化されたすべて同じ建物でなんとなく無機質なイメージ。

形も色も、すべて同じで選ぶ楽しみはないけど、規格化してあることで、コストダウンされた価格でマイホームが手に入るし、忙しい方でもマイホーム作りに時間をかけなくて良いというメリットがあるから選択する。

私の規格住宅へのイメージはこんなものでした。

設計

海外の建築に携わっている人から、日本では建築のプロである設計士の考え抜いた間取りに、建築の素人であるお客様が間取りの変更指示をするなんておかしい、というような話を耳にしたことがあって、それを聞いた私は目から鱗が落ちました。

確かにお客様の意見を取り入れて、ちぐはぐなものが出来ている事を、目にすることも少なくありませんでした。

規格住宅なら、プロが考え抜いたベストな間取りそのままが、再現されることになります。

 

私が、実際に見た規格住宅の間取りは、無駄がなくミニマムで必要なものだけしかないけれど、実際にそこでの暮らしを考えたら、これでいいじゃんと心から思いました。

光と色があふれる暮らし

規格住宅は背伸びしない、自分にとってベストなマイホームになる住宅。

毎日忙しくしている中で、マイホーム作りにかける時間を短縮し、暮らしてからの時間を楽しむ事が出来る住宅と、規格住宅オーナーからの言葉を聞きました。

 

こちらのオーナーご夫妻を見ていると、自然体でシンプルに暮らしを楽しんでいて、ミニマムだけど豊かで、無機質なイメージとは程遠い、光と色があふれる暮らしをされているなと。

 

私もこんな暮らしがしたいと羨ましく思えました。

ノルディックモダンスタイルのおうちリコメンド施工事例集

淡いグリーンのハンガードアやウッドのルーバードアなど柔らかな明るさを感じられるマテリアル。白いルーバーパネルには付属の専用金具でお気に入りのファブリックやフレー…

もっとみる
スタッフ紹介佐野

佐野結子

もっとみる

最新の
イベント情報

お気軽にご参加ください!

詳しくはこちら

お近くのモデルルームに
来場予約

実際にモデルルームを見て体感しよう!

来場予約はこちら